10/22/2020
Breaking News

仕事を有利に進めるのに役立つ英語力

フリーランスのSEには、ある程度の英語力が求められます。
なぜなら最新のIT系の情報は、英語で書かれていることが多いためです。英語の読解力がなければ、最新の情報をすぐに学んで仕事の中に取り入れることができません。
確かに英語から日本語訳になるのを待ってから情報を収集してもそれなりに情報を集めることはできますが、日本語訳にならない情報もあります。英語力を身につけて情報を収集した方が情報量も増え、海外ならではのユニークな発想やWebサービスについての情報にも触れることもできるので、フリーランスでSEをしていく上で有利になります。

また、英語力のあるSEは、企業側から重宝されます。IT企業では英検の資格のありなしやTOEICの点数を採用面接時に質問してくることも増えており、人事評価でも管理職になるための条件として英語力を求められる場合があります。
日本のIT企業では海外の優秀なエンジニアを採用しているケースもあるので、仕事を進めていく上で英語でコミュニケーションをとる場面も増えています。そのため、企業の経営者側が英語力のあるエンジニアを求めており、英語ができるSEを評価する傾向にあります。

フリーランスのSEは会社側と業務委託契約を結んでリモートで働く場合もありますが、会社側に英語力をアピールできた方が契約を結んでもらいやすくなります。給与や待遇の面でより条件の良い会社と業務委託契約をしたいのであれば、英語力を身につけておいて損をすることはないでしょう。

※英語力を身につけて活躍する方法:http://freelancese-englishskill.com